自分でできる環境保護!マイ箸のススメ

限られた資源と考えて、出来ることから始めよう

環境保護の為に自分が今出来ることを考える

昔は飲食店では当たり前のように割りばしを使用していましたが、環境保護の観点からか、洗って繰り返し使用できるように普通の箸を出す飲食店が増えてきています。
マイ箸は、環境保護の為に持ち歩いている方が多いかと思いますが、誰が使ったか分からないお箸を使いたくないと考えて持ち歩いている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。割りばしでしたら未使用のものなので安心ですが、きちんと消毒されているか不安になる気持ちもあり自分で持ち歩くようになった方も少なくないと思います。
自分の身を守るという観点から見れば、それで正解だと思います。結果、環境保護と経費削減の一石二鳥で飲食店側からすれば何の問題もありません。人の手で洗っているのであれば洗う手間は増えますが、洗って何度も使えるということは使い捨てよりも経費は削減できるので、経営者側からすれば特に問題はありません。マイ箸を持ち歩く方が増えればお店で洗う手間も少なくなるので、従業員側からすればマイ箸大歓迎といったところでしょうか。
しかし現状エコバッグよりマイ箸の浸透率は低い傾向があります。理由としては、一人か二人での食事ならマイ箸持参する方も大勢の席ではマイ箸持参しない方が未だ多いからだと思います。人目を気にする日本人ならではの考え方だと思いますが、他と違ったことをするのに抵抗があるのではないでしょうか。あまりマイペースすぎても問題ですが、自分が正しいと思ったことはある程度は貫いていく強さがないと、環境保護にはつながらないので、マイ箸持参を恥かしいと思わずどんどん周囲に広げていきましょう。

マイ箸は環境保護の為でもあり、自分の為でもある

環境保護のためにまず出来ることは、ゴミを少なくするように心がけることです。 マイ箸だけではなく、エコバッグや水筒を持ち歩くなど、ゴミを減らせる工夫は他にもあります。公共の場でのゴミはなるべく減らし、各自ゴミの分別をするなど、簡単に出来ることから始めていきましょう。

手軽さをとると環境汚染につながる

共働きの家庭が増えているせいか、家事を楽にする為に、布巾よりキッチンペーパー、雑巾よりクイックルワイパーというように、使い捨てで済むようにする傾向があるように思えます。 手間を取るか手軽さを取るか、大きく考えればこれは環境保護か汚染かの問題にもなるので、慎重に考えていきたいと思います。

一人一人の意識を変えることは難しい

例えばお箸を持参することにしても、面倒だとか恥かしいなどというように、一人一人の考えはそれぞれ違って当然のことです。 しかし環境保護の観点からすると、そこを変えていかないと何も変わらないのも事実です。 他人の意識を変えることはできないので、自分の意識を変えていきましょう。